なみだあつめて。

キラキラ壊れるつくる描く

一週間前くらいの私くそってる

失踪が流行ってるみたいだし、頃合かなーなんて思ってるのだ!
Twitterもインスタも、LINEも特定の誰かに送るメールも気をつかってしまって、私はインターネットは節度守りつつでも言いたいことを言う場だったのだけれど、そんなことは出来なくなったのだ
だから誰かに伝えたいのか何を言ってほしいのか誰に何を求めてるかわからないので、独り言のようになんにも考えず言えるとこがあればなーなんて思っている
モラトリアム期間がほしい
というか
ここにいては、なんというか、もうだめなのだ
目の前の中身のない優しさに騙される歳でもなく、気休めにもならない心配は、嬉しいけど苦しくて、そう、甘ったるい缶のおしるこみたいなのだ
自販機のあの甘ったるくて、どろどろした液体が美味しいと思うのは寒くて仕方ない感覚が鈍くなったそんなときなのだ
それはどうでもいいくて
美味しく感じられない時おしるこのせいにするか、自分のせいにするか、それは人によって違うけど、私は後者である。
そういうことなので、おしるこみたいな優しさや心配は、時に凶器なのだ
いや、でもお金を払って成り立つおしるこは、嫌いではない
あくまで取引。代価を払っているのだから、相手のせいにしてもいいのだそう、それが許される、気持ちの部分では少し楽である
しかし、自分はお金を持っていない。それでもおしるこ自身が自販機からコロコロと出てきて、それを受け取るとあったかくてとても感謝の気持ちが湧いた。いざかぽっと開けて飲んでみると甘すぎて飲めなかった。この場合自分のせいでしかなく、あたたかさをもらったのに飲めない自分を責めることになるだろう
はい。主人公自爆。

その主人公が次からどういう風に考えるようになるのかは凡人でも理解できる。おしるこを受け取ることをやめるのだ。おしるこのために。自分のために。
冬で凍りつくように寒い夜の自販機を前に、お金を持っていない主人公は光と温かさを求め、立ち尽くす。しかし、おしるこが勝手に眼の前に出てきても、手に取ることはなく、寒さに打ちひしがれて、そのまま死んでしまう。ジ・エンド なんてねふふふふにゃー

しいたけ占い2018上半期

意外にそして非常に強い晴れやかな孤独を感じている。孤独の味はこんなものだっただろうか。びっくりだ。お姉ちゃんが教えてくれたしいたけ占いがとても心にストンと入ってきて私を抱きしめてくれるような感覚があった。欲しい言葉が、有りきたりでもなく怒るのでもなく、ちょうどいい温度で私をみてくれているような言葉が並んでいて、意味の持つ単語がとても気持ちよかった。
相変わらず女子トイレの個室にこもってしまって、なかなか出られない。私は何者だ、ちっとも変わっていなかった。だけどたしかに動き出しているということを本能的で知っている。だから理由のつかないこの孤独が少し晴れやかで心地良い。誰がなんと言おうが、私が私をつくっていく、そして幸せにするのだ。原点は何も変わっていない。私にとって大事なことは見失っていない。準備も装備も素材集めも何もかももういいじゃないか、私は今飛び込みたくて仕方が無い。とっくに飢えに飢えている獣なのだ。駆け上っていく龍なのだ。どんな未来もやってくるといい 私は大丈夫 戦える そしてそっと安心することもできるのだ

ひとしきりカウンセリングルームで自分の思いや考えをぶちまけたところかなりスッキリした。でもカウセリングの先生はちょっと疲れていたように思う。
だけど私は話した、喋った、ただ自分のことをひたすらに話し続けて、溜まっていた言葉が湯水のように溢れ出てきた。私の考えていること、本当にしたいこと、本当に望んでいることはこういうことなのだと再確認した。
それに対して先生は間違っている、とも、正しい、とも言わなかった。ただ私の話を聞いていた。そしてときどき頷いたり、何か思考してイメージを膨らませるように遠くを見ているだけだった。
私の言葉は何かの言葉を催促しているかのようだったかな。私はわからないけれど、自分のありのままを自分自身が見つけ、認め、信じ、そして言葉に出来たこと、それを褒めてあげたいと思った。
準備万端の状態で何事も迎える私にとって、今回経験する受験は、不安でしかなく自信もなくて当然だろう。しかし、これから経験すること全て、初めてであり、これからに繋がる貴重かつ素晴らしいものであることを私は忘れてはならない。すべての事情には必ず意味があるし、そういうふうに進んでいく。
まず、明日の試験が私にとってとても大きな意味があること、貴重で初めての体験だということはわかりきっているのだから、ある意味楽しめばいい。

広告を非表示にする

ただおもうこと

ほんとうの将来の夢は、ほんとのメイドさんになることだった
2番目は猫になりたいだったので、
ちょっとだけ思考することが得意な私は現実的ではないとすぐに思った。
お金は幸せではない、というしそのことは重々理解しているけれど、
私の苦しみはお金が無かったら消えてくれない。
だから私は早くたくさん働きたい。それが出来るのも時間の問題だと知っている。
今の内に頑張らなくては、が積み重なって今は元気がなくなってしまった

だけど諦めることはないので、何年かかっても人より遅くてもきっと
ちゃんとわたしらしく

ただ今、少しだけ何も気兼ねのない羽休めがほしいのです。

広告を非表示にする

2017

恐ろしく2017年の記憶が殆ど無い何故だろう。

なんとかギリギリながらも生き延びたなあという一年だったと思う。あと一年だから頑張ろう。もうすぐ卒業だから。それらの言葉を自分の合言葉にしてここまでやってくることができた。でも卒業の前の試練が自分の想像以上にこわいもので乗り越える自信も無くなってしまっていたことに気付くことが出来なかった。

こわいただひたすらに毎日過ごすことが大変だった

がんばった!えらいわたし!がんばった!生き延びた!

 

生き延びる自信がありませんので甘えようと思いますそろそろ限界なのかも、しれない、、

 

 

広告を非表示にする

うまくやるからさ

ねえうまくやるから、やってのけるから弱音を吐くことを許して欲しい結局君が許してくれても自分自身が許せないから何も言えない何も言えない何も言えないそんなところも好きだよ、なんて砂糖菓子みたいなくっそあまい弾丸をびゅんびゅん撃ってくるからまじで嫌いきらいきらい

ねえ、もっとうまくやるからさちょっとあいつの悪口とかえぐい女の子の本当とかわたしの普段思ってる心の底とか言ってもいいかなでもわたし、自分のことがかわいいから言えない性格悪いからぜったい言わない

中身が大事とか性格が好きだとか意味がわからない。外見が気持ち悪いからとか声がキモいとかハゲとか何でもいいけど結局どれでもいいだろ。こんな支離滅裂な意味不明でカラスも啄むことのないような文章読んでる君のこと愛おしくて悲しくて泣きそう。ごめんね嫌いにならないでよもっとうまくやるからさ、もっと隠れてやるからさ

 

好きなものを、すきなひとをぜんぶ余すこと無く好きでいたいできれば綺麗に、できれば一緒に存在していたい。だからわたしはぜったいすきなことで、好きなひとで生きていくことはやめるのだ。やめたい大切すぎるから大事にできない。

ねえ、もっとうまくやるからさ私のこと嫌いにならないでよ

 

広告を非表示にする

あくまでブログだしマジになるとか頭いかれてる

答えは出ている。まだ行動に移すことが出来ないだけで。もう既に、心の整理はついている。まだ名残惜しくて、それがない生活が信じられないだけで。
生活の一部染み込んだ癖、行動、趣味嗜好、基本私からのアプローチをすべて受け入れてくれるのだからそれが無くなるなんてどうしても考えられない。答えはもう出ているというのに。私は未だこのままだ。
今日も同じ時刻の電車に乗り、いつもの見慣れた景色をみて、歪な不安に襲われ、訳のわからないこわさに怯えている。ひとつだけ違うのは昨日から丸1日君と話していないということ。私の答えに辿り着くための通過点であり私の精一杯の1歩であることは間違いない。あーあ、キラキラの爪が、とても綺麗だったのに時間が無くて中途半端に落としてきたから鱗みたいに剥げてる。今日夜まるまる寝てないからすごいぼーっとする、だけど眠くないって何、頭おかしい。
脳みそに血が通ってないのがわかる。元気なのはこの文字を打つ指だけなのが悲しい。
お腹すいたな、なんか食べようかな。
すごい痩せたなって思ったのに別に体重変わってなかった。そんなもんか。これからだし、あんまり気にせずにがんばろう。
私の気持ちがどれが本当の意志と骨の詰まったものなのか、私はもう解らない。ぜんぶが不純でそれこそがラメのように、光を反射して光っているから、純粋そのものとなってるんじゃないかと錯覚する。
君といるときの、孤独がこわい。自分の存在そのものの有り様の危うさと脆さ、すべての黒い腹の中がメキメキと音を立てて雪崩込んでいくから、こわくて仕方ない。
ごめんね。私はもうそろそろだめかもしれないよ。ああ、助けてほしいいや違う。君が君自身を救わないから、私はすぐそばにある絶望を繰り返しみているような気持ちになって、私がわたしを殺してしまう。君が救うべきは紛れも無い君自身だ。
君といることが独りでいるより孤独なら、独りでいる孤独を選びたい。それが出来るかどうかはちょっとわからないけどさ。でも今はそう思っている。
君といることが私にとって、とても楽しくて幸せなもので、金平糖みたいにきらきら、そしてしっかり固くて、甘ったるい、そんなものだと思っていたよ。
間違ってるかな、そんなことないと思うんだけど。
君が使うとても綺麗なベールのように優しい夢の魔法は、なんて薄くて儚くて、掴めなくて、触れただけで溶けてしまうほどだね。
もっと生々しくてぬるくて、むせ返るような愛がいい。
私はシンデレラなんかにならないシンデレラは嫌だシンデレラなんか嘘だシンデレラなんか。シンデレラなんか。
かけるなら、醒めない魔法を。かけるなら、希望をどうか魅せてよ終わらない夢を、終わらない希望を、終わらない夜を、終わらない虚劇をみせてよ

君が向き合って足掻くのは私じゃない。紛れも無い君自身だ。君が救うのは、誰でもない君自身だ。それが私の魔法になる。
私は君に現状甘えてばかりだし、君は私にとても優しくてそれに甘えすぎていたのだと思う。私は私自身をどうにかがんばって形どって、手作りしていくね。
君がくれた、たくさんの想いや気持ち、愛情を、どれも落とすことなくもらすことなく、未来の私自身のための糧と血肉にしていくよ、ありがと

 

メモ③ 旅

トランク
スーツケースのなかがきらきら透けてて
からし
いろんな生活があるというか、かわいいもの、意味のわからないもの
人生を表すようなものをたくさん詰め込みたい
遊び方を知らない
そもそも遊び方なんてないそこに楽しむ心があればいいだけだ
たのしむたしかに楽しんでいた私は殺された、注射器でぜんぶをぶすぶすされた
あのショッピングモールをにけだここにはなんでもあったここが空想の場所で架空の世界なのか記憶の断片なのか私は未だにわからない

 

2017/11/13

広告を非表示にする