なみだあつめて。

キラキラ壊れるつくる描く

今見えるもの

小さい頃は 何にだってなれるし

わたしは皆よりもずっとずっと幸せ者で

愛されていて、よく出来る子なんだってそう疑わなかった

 

わたしはどこの誰よりも特別なんだって。

 

今だからわかる みえてる世界が小さかったからだって。

 

今は世の中のことを考えるとこわいものだらけだ

ちびの頃よりずっとビビリになったし

何にでも保険をかけて考えるようになった

こわくてこわくて仕方が無い毎日だ

不安で夜も眠れない日だってある

 

手に入れればいつか失う

だから最初からいらないなんて考えて

始まりを避けては終わりを遠ざけようとした

終わりなんてなければいい。

そう心から思う

 

わたしはいつだって確かなものばかり追いかけてる

 

あれでもない、これでもないって

確かな愛ばかり追いかけてる

追いかけてる内は得られるはずもないことも知りながら。

 

わたしには足りないものばかりだ

何も出来なくてきっと

独りで生きていくのもできっこないだろう

それだけは確かだ

 

神さまなんてこれっぽっちも信じちゃいないけど

なあ、もしいるなら ありがとうといいながら罵倒して

ぐちゃぐちゃにしてやりたいよ

 

よくもこんな不安定で不完全で

独りで生きられない呪いをかけてくれたなって

そしてこう言うんだ。

 

ありがとう。 独りで生きられないから

こんなにも人を愛せたよってさ

これを言うことがわたしも夢でもあるんだ

 

ねえ、もう1度信じてみてもいいのかな

こんなぼろぼろで危うくて脆くなった命を

もう1度預けて信じてもいいかな 

そう今は思ってるんだ

 

ミライのわたし 

きっと今読んでいるでしょう?

 

イマのわたしはさ、

信じてみることにしよっかなってそう思ってるんだ

ねえ わたし どう思う?

 

 

もう頑張る元気なんて残ってないって

思っちゃってるわたしが

 

頑張りたいなって気持ち、芽を出してるんだ

 

倒れるくらい歯を食いしばってさ

もう1度だけ挑戦してやる

無理だったら

わたしはこれだけやったんだって開き直って

ぜーんぶ君に押し付けてやるんだ

 

独りじゃなんだ

もう 大丈夫

 

さあ、この扉を大きく開けよう

次は笑顔を咲かせるんだ

涙の雨はもう降らない

これからは希望の桜が満開に咲き誇る

春の訪れの音を聴きながら

きれいないろを咲かせる季節(とき)がやってくる

 

さあ、頬を伝う涙を拭って

もう独りじゃない

 

こわいだけの日々はもう幕を閉じる

これからはたのしいことで溢れてるはずだから

 

悲しみに暮れるわたしよ

前を向いて

顔をあげて

そして微笑んで

 

 そっと踏み出すの

 

まだ終わりがこわくて始まりを拒んでしまう

だけどきっと大丈夫

 

そっと 歩き出すの

 

そう、いい子ね

この手をどうか離さないで

 

広告を非表示にする

部屋の隅のホコリが怒ってぼくを殺す。

『そこで何をしているんだい』

 

「なにもしてはいないさ ただ天井を眺めているのさ」

 

『それはどうしてだい 天井が好きなのかい』

 

「天井が友達なのさ 僕の話を聞いてくれる唯一の。」

 

『天井は友達だと思ってるのかなあ』

 

「そんなのわからないさ 天井は喋らないからね」

 

『喋ったとしても本当かどうかわからないとは考えないのかい』

 

「人間とは違うんだ 心がないから」

 

『でも大切にしているだろう その彼を』

 

「そうかな、わからない 僕はただ誰かに話を聞いてもらいたいだけさ」

 

『人間は君に優しくないのかい?』

 

「勿論優しい人はいるさ それと同じくらいこわい人たちもたくさんいるんだよ」

 

『では、その“優しい人間”は何故どうして優しいんだろう』

 

「それはきっと心があって……、思いやりっていうものがあるんだろ」

 

『だけれども、こわい人たちも心は心はあるだろう?人間以外には心がないと言う君なのだから こわい人たちも人間だ、きっと心はあるだろう』

 

「そんなことはわからないよ 心というものはとてもやっかいでめんどくさくて危うくていつだって余裕なんて無いのさ」

 

『そうかな』

 

「そうだよ」

 

『ところでだけど、私は君は優しい人間だってずっと前から知ってるよ』

 

「そうか、それは嬉しいな ありがとう」

 

 

 

 

 

 

『……でもさ 君には心がないね』

 

 

モノクローム


毎日息をして毎日ご飯を食べて
毎日夜になったら寝てそしてまた朝がきて
その“毎日”というものをひとは私は過ごしていく。

毎日を重ねて人は生きていくのに
毎日を重ねる度に色褪せてみえて
すべて霞んでるの

私の目も心も汚くなったのか
君の生きてるっていうここを見失ったのか

 

どっち?

広告を非表示にする

何も感じない

何も感じない

ただそこにあるだけ

何も聞こえない

ただそこに見えるだけ

どこにいったのかな

それがないとわたし困るんだ

気持ちを吐き出せなくなって
傷が滲んで膿んできちゃう

ねえ返してよ
それとも最初からそんなものなかったのかな

ねえ聞こえてる?
かえってきてよ

確かにこの手で掴んでたはずなの

それがないとひとをすきになれないの

広告を非表示にする

誰かが捨てるように呟いた。



幼稚園の時から、お空を眺めるのが好きで、
雲が流れていくのをじっとぼーっとみては、
「雲みたいにふわふわ、ぷかぷか消えてしまいたいなあ」
なんてことをつぶやいては、お昼寝していたっけ。

もう。何も感じたくない
何も考えたくない。
何もしたくない。
ふわふわ自分のままでいられたら。

ただそれだけをずっと思ってた。

何をするにも周りをみて見よう見まねで
少しずつだけど、できるようになってった。

寝るのも食べるのも、歩くことも。
例えば何が見えて何が見えないのか。
何を感じるのが普通なのか。

まあ、最初は大変だったけど、
小さい頃から、周りに気を遣って振る舞うことは
結構無駄に得意だったから。

わかってもらえなくて当たり前。
普通にできて当たり前。
さあ、今のことができたなら、
ほらほら次、次、次、次、次、次、。

ちゃんとできなきゃ。
ちゃんと頑張ってなきゃ。

じゃないとるいが消えてしまう。みんなの前から。
いらなくなってしまう。
誰からも愛されない。



もう疲れた。
休みたい。もうやめたい。やめよ。
頑張りたくないや。

雲みたいにふわふわ消えていきたい。

上を向いて空をみた。

急に目が溢れてぼやけてきて、きらきら光ってみえなくなった。

それはとてつもなく綺麗で、おそろしいほど澄んでいた。
そして、改めて自分の不健康さにしみじみ実感した。

消えたいなあ、すーっと。




だけど、やっぱり
たった一度でもいいから、
誰かに壊れるくらい、痛いくらい
強く抱きしめてもらいたくて。

頑張ったねってほめてもらいたくて。

今までお疲れ様って言ってもらいたくて。

もういいんだよ、
頑張らなくていい

頑張らなくても、
できなくても、
わからなくても、
そのままのるいが好きだよって。

好きな人に言ってもらいたいんだ。
心から愛してる人に。
心の底から愛されたい。

そして、ずっといっしょにいたい。


それまで、やっぱり、るいは
がんばるんだよ。

壊れても、無茶しても
がむしゃらに無我夢中に、
もう無理だってなっても。
きっとがんばるんだよ。

消えたくないと思うんだよ。







ずっと。

ふわふわり流れてく。
ふわふわり飛んでいく。

ずっと君がいたらいいのに。
ずっと君が笑ってればいい。


君の声をきかせてよ。
この僕にも響くように。
君が笑ったらどうなるかな
きっとすべてが咲いて包まれるね。

ああ、僕とは大違い。
だけど、君がほしい。
こんな僕が手をのばして望んだら
君は穢れてしまうだろうか。

君は君でなくなってしまうかな、




そんな僕に君は
何も知らずに手をのばしてくる。
まっすぐにその強くて優しくそしてすべてを視るような君の瞳は僕の中を貫き通す。

僕のすべてを許すように
僕のすべてを、受け止めるように
僕のすべてを、浄化するように。

僕はとてもみていられないよ。
僕と君はかけ離れてる


きっとそんなことは、関係ないのだ
僕もちゃんとわかってる
僕は怖いだけなんだ




再び失うことが。




だけど、君は今日も僕の名前を呼ぶ。
何も知らないで僕の憂鬱なんて蹴飛ばすように。

僕の唯一の名が響く。
僕の中に響いては弾けて、浮かぶ
ぷかぷかり、僕を包むよ。

ふわふわり飛んでいく
ふわふわり流れてく

ねぇ、きこえるかい。
僕だけに響くこの声が。
どうだ、羨ましいかい
そう、僕だけの“声”なんだ。

僕は怖いだけ
僕は空っぽ。
僕には何も無い


僕は孤独。


死んじゃいそうなくらいの狂おしいほどの寂しさ。
そんな僕みたいに、狂おしいほどの寂しさを抱いた君。

僕が少しでも埋めてあげられるなら。
僕に意味があるのなら

僕はいてあげる。
君と一緒にいてあげる。



君っていうひとと、ずっと生きてあげる。

広告を非表示にする

自分の「世界」 自分の「感覚」

中学3年の夏に書いた文章。ぐだぐだぬ。


私は今、生きていることがこわいです。言葉を受け入れ、言葉を伝えることがこわいです。私は私という人格を確立する過程の途中なのですが、根本的な「私」はほぼ完成してしまっていると思います。そんな今、普通ではない自分の思想や世界感、気づきたくない自我が芽生え、知ってしまいました。そんな葛藤や言葉では言い表せない感覚。原因のわからないこわさ。そして誰にも伝えることのもどかしさ。きっとこの先もずっとこの感覚を持ち続けていくのだと思います。それはその感覚こそが「私」を創っているものだからです。そこで私は疑問を抱きました。同じ家庭で育ってきた姉はどのような人格、また思想を持っているのかと。その疑問をぶつけてみた結果自分の認めたくない気持ち、私の本当の心の中の世界観思想を新たに気づくことになりました。社会論文とはほど遠いですが、少しでも何か残るものがあればいいなと思います。姉は高校三年生で私と同じ幼稚園、小学校に通い中学受験し、今私が通う中学校に進学しました。私から見た性格は小学校まで大人しく本が好きでよく読んでいました。仲は悪かったです。けんかする内容はいつだって「私が姉のひとりの世界を侵害したから」です。姉はその頃からひとりの世界を大切にしていたのだと初めて知りました。私は小学生の頃、女子の価値観や行動を理解できても賛同することができず、適度に関わりながら、誰とでも仲良くしていました。みんなの意見を優先的に取り入れ、そこに自分の意見も加える。誰に対しても分け隔てなく接する。といった相手の楽しさを素直に自分も楽しいと感じていました。友達男女共に多かったです。高学年になると、一人の友人とのけんかがきっかけですべての女子からいじめられるようになり、私の友だちが思う「友達」と私が思い求める「友達」には大きな差があることを改めて知りました。念願であった中学に進学すると友達もでき部活も楽しかったです。でも、どこか雰囲気に馴染めずにいたことを自分を殺すことに慣れていた私は気づかないようにしていました。今はそう感じているけど、きっとすぐに馴染める、そう感じていました。姉が中学生になってからは少し性格も変わり、穏やかで感情なども前に比べると表れていたように思います。その頃姉は価値観が合う友達に出会え、「人と関わることは楽しいことだと知った。生きてて良かったー」と思ったそうです。今まで人に対して「いいなあ」と思っても本当に羨ましいと感じることのなかったけれど、姉を初めて羨ましいと感じました。その時、私には本当に友達と呼べる人がいないんだなと気づきたくなかったことに気づいてしまいました。家族に対しても好きだけど、好きでいたいから嫌いになりたくないから一定の距離を置いて接したいと思うようになりました。
ひとが惹かれないものにすごく惹かれたり、そこに美点を抱いたりするようになり、これが自分の世界なんだと知り、最初は否定していましたが、認めることができるようになりつつあります。  
私はずっと寂しいのかもしれません。どんな時もできるだけ笑顔で、人に明るく接し仲良く頑張っているのが楽しいと思っていたけれど。私は認めてほしいのかもしれません。私という人格を私の世界を自ら殺し否定し続けていたけれど。そんな私は私にしかない世界感思想を私らしく表現することが夢です。そしてまだ出会っていないけど、私の感覚に近いものを持っている人がいると思います。でもいたとしたら、少し嬉しいようなやっぱり悲しいような気持ちになると思います。   
今の私の将来の夢は看護師になることですが、したいことは他にたくさんあります。今は看護師になりたいという夢を叶えるために日々勉強に奮闘し、何より難しい「通学」という課題を成し遂げる必要があります。どんな道であろうとも夢を見失わず、したいこともできるように一生涯自分の使命を問い続けながら「私」でいられる友達をつくりたいです。またこの感覚を自分自身が受け止め、共に生きていけるように、そして何か人を救う術にならんことを祈ります。