読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涙。

きらきら、今日もなみだちゃん。 

僕は。

僕は生まれた。 君と一緒に。

僕は笑った。 君を抱きしめて。
僕は泣いた。 君が傷ついた。
僕は走った。 君を探して。
僕は怒った。 君の目をみて。
僕はなでた。 君の髪を。
僕は見つけた。 君の心を。
僕は歌った。 君は踊った。天使のように。
僕は飛んだ。君は「気持ちがいい」と言った。
僕は憎んだ。君が笑わなくなったから。
君を笑わなくしたすべてを憎んだ。
僕は戦う。 君の手をにぎりしめた。
 
 
僕は叫んだ。 君の名前を。
力いっぱい。 声が枯れるまで。
 
 
僕には聞こえない。 君のコエが。
僕には見えない。 君の茶色の瞳が。
僕は眠った。 すべてを忘れたかった。
 
だけど、できなくて、ただ一言、君の名前を呼んだ
もう一度だけ。
 
 
君の声がどこから聞こえた。
僕は立ち上がった。 君の声のほうへ。
 
 
 
僕はがむしゃらに走った。
あの日、君を探したように。
 
 
僕は見えた。  君の黒い髪が。
 
 
 
 
「おかえり
 
君が言った。
 
僕はそっとそれでも力強く抱きしめた。
 
 
 
 
 
「ただいま」
 
 
 
―――僕は。
広告を非表示にする