読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涙。

きらきら、今日もなみだちゃん。 

君の彩 君の音

この雑音の中、君の声だけは
頭に直接響いてく。

ああ、なんて綺麗な声だ
僕の憂鬱なんか、一瞬で消し飛んでしまうよ。
ああ、なんて儚い声だ。
僕の耳にしか届かないほど。

君の声は
この世界にあるここにいるすべての汚くて醜いものを
等しく皆浄化していく。





君の声が響き渡れば
すべての魂は君に心を委ね、許し、
そして真っ白に変わっていく。

ねえ、見えるかい。
その七色に煌めく真の心が。
ねえ、きこえるかい
僕の目と耳にははっきりと聡明に感じている。

君の声が響き渡る。
世界が目を覚ます。
僕の魂が安息に喜ぶ。





君の声は
僕に告げる。
始まりの合図を。
すべての終を。

さあ、暗闇に別れを。
僕はひとりじゃない。
君の声がそう教えてくれる。

さあ、手をとって
前を向くよ
さあ、その手をぎゅっと握りしめて
前に踏み出すよ。

広告を非表示にする