読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涙。

きらきら、今日もなみだちゃん。 

溶ける

ゆっくり
溶けてく

 

ふんわり暖かい
押しつけの温もりなんかじゃない
ああ、なんて心地いいんだ

 

目が覚めた
朝が来た 僕は空を見る
いつものあの子もこの空を眺めてるはずなんだ

 

 

空の色できみの今日1日のゴキゲンがわかるんだ

 

「あ、はれた」

昨日の涙濡れるいろの雨が嘘のよう。
悲しみが優しく溶けていくそんな天気だね
それは君を自転車に乗せてる時の背中の温もり

 

さあ、君に会いに行こう
この自転車をかっとばして

 

さあ、君を迎えに行こう
そしてこの自転車の後ろに乗せるんだ

 

君のとろけるようなひだまりの声を聴きながら。
ああ、どこまでも行ける
ああ、どこまでも連れていきたい

広告を非表示にする