涙。

きらきら、今日もなみだちゃん。 

死ぬとき

きっと僕はかけなくなる

 

今みたいな文章も絵も、ぬりえも。

 

きっと僕はできなくなる

 

今みたいに何かを考えたり、感じたり。

夢をみたり、想像したり、空想したり。

 

 

きっと僕は何かを捨て続けてる

 

だから今みたいにずっとこどもでいられない

 

僕がぼくでなくなっていく

 

音を立てて崩れ出す

 

 

こわくて今日もうまく眠れない

 

こわくてこわくて

だけど一日経つごとにひしひしと感じるんだ

 

 

ぼくが僕でなくなっていく

 

その時がどうかゆっくりになりますように。

 

ぼくが僕であるために

 

ずっとかいていく

 

 

ぼくが死んだとき。

それは肉体よりもはるかにこころが先だろう。

 

だからその時がどうか

ゆっくりやってきますように。

広告を非表示にする