なみだあつめて。

キラキラ壊れるつくる描く

綺麗な言葉使ったって

綺麗な言葉使ってももうそもそもの心の家がひっくり散らかってるのだから、どんなにおしゃれな家具置いたってまず片付けることからだろ、というかもう引っ越すべき、みたいな状態だからそう、仕方ないじゃん

だけど伝えたいことも無くてただ静かにほんとはのんびりお昼寝したり、散歩してみたり、朝ごはんはお外でみたいなそんなことがしたいんですよ。誰もいない人の目に触れず。でもそれも無理で。いまは無理、って思って、今は、だからいつかできると信じて、その信じるチカラというか、信じるというエネルギー消費は莫大なもので。だけどすんごい無敵な、マリオでいうスターみたいな、最強即効性効き目抜群最高なんです。

何かを始めたいと思っても私はその何かが誰ともダブってない、つまり誰もしていないことをしなくちゃいけないっていうルールにずっと縛られてたほら女子ってなんかおそろ、とか、好きだけどさ、それは仲良い友達限定で、その仲良い友だちのおそろいのものですら、ケンカしたりイザコザが起こったり、趣味とか好きなものの傾向変わっておそろいさんはすぐポイされちゃう。悲しい。これはわたしの話だから、多分大事にとっておく人もいるでしょ。わたしはそっち派、なかなか捨てられない。

お気に入りのものとか、自分を埋め尽くすかわいいものは、嫌いなあいつとかクラスのかわいい腹黒女子とぜったいかぶりたくないし、たいがい私が先だったんだからあんたやめてよ、とかいわれるから、ほんとに面倒だし、とにかく鬱陶しい。こっちはただこれが好きなだけなのに。

なになにっぽいとか、なになにに似てるとかどうでもいい。ただこれが好きなんだよ。この子が、この人が、これが、あれが、わたしは全部ほんとうに、ただ好きなんだ。

それが許されないコミ二ティには属してたくない。なんでだよ、なんだよ。こういうことはぜんぶかつてノートに書いていた。書き殴って、真っ白をどんどん真っ黒にしてた。だけどクラスの子に勝手に見られたり、1人で教室でガリガリ書いていたら、言葉が飛び交ってて心が開けない

から控えめで書いた意味無いよ、ほんとはこんなヤサシイキレイナ言葉じゃないよ、言いたい事全部我慢してるよ嫌われたくないからやっぱり好かれてたいし好きな人間にはなるべく、私のこんなドロドロした部分で汚したくない、それはわたしのわがままでもあるのかもしれないけど、とにかくこんなのは私であって私でなくて私だし、こんな部分を私だって決めつけられるのも耐えられないんだよ。

毎日わたしは言っている。頑張ろっていう、これは自分に言っているもっと頑張らないと死ぬよ、ちがう、頑張らないなら死ねよ。ちがう、頑張らないなら死んだほうがいいんじゃない?まじでダメなやつだなって感じ、うまく言えない。でもなんか自分で自分をこの言葉で全部ゼロにする。頑張ってもゼロにされるから私があえて自分からゼロにする行為。だから全然前向きなんかじゃない。わたしのこと強いとかいう人、ほんとは間違ってる。いつだって私はもういいよ、なんかもう、いいや、でいるし、いつだって心のどっかの2%の希望みたいなそんなやつに神経と精神をぶっ刺すようにミることにしているから、なんとかやっていられるだけです。今日も駅まで自転車で向かう時に行き交う高校生たちに死ねばいいって思いました、死んでほしくないけど、今日のわたしにあわないでほしかった。わたしが外から出なかったらあわないで済んだのだからわたしのせいです、だけどいやです。

どんなに繕ったって本性は垣間見られてしまうものですね、私はきっといつまで経っても馴染めず、なんとなく馴染んだふりをして自分を騙して生きています。だからいい子ちゃん演技で騙された果てに死んでいったわたしたちがそろそろ暴動を起こしかねないほどに怒っています。助けてください。

わたしは人間が好きですし、女の子も好きです。だけど個人として対峙したとき嫌悪感を抱くのは何故なんですか。謎です、わたしがダメ人間だからですか

面倒くさいなあと思います、何かをしてもらったり、好意を寄せられるのはもちろん嬉しい、ありがたい

わたしはまだ親に養ってもらっているしそのことも含めて生きていられることに感謝している、感謝しているだけじゃだめなのもわかっているだけどしてあげてる感謝しろそれならお前がヤレみたいな態度でいられるのはただ苦しいです学生の身分でダメな私ができるのはなかなか無いですだからダメなんですねごめんなさい

何をしていても本当にこんなことしてていいのだろうか、とかしていたいことやしたいことがあっても遠慮や何かに考えを巡らして心配している。私はちょっとエネルギーの使い方がおかしいんじゃないかと思う、何をしていてもダメだと思う、ネガティブとか精神が病んでいるという問題ではなく本当に純粋に安心してなにかに打ち込むことが出来ない、これもそのせいにしているだけでわたしがクズだからなのか、?それなら思いっきりダメなことをしてみたい。それでボロボロに傷ついてもいい、だけど死ぬからそれは無し、聞いて欲しいことなんてないんだけど、声に出したりなんか書いてしまうすべて許されたいなんかもう、それでも好きだよっていう愛を感じたい安心したいやるべきこと、やらなくちゃいけないこと、やりたいこと、なりたいもの、たくさんまだまだあるよ。時間は無いかも、許されないかも、嫌われるかも、孤独になる、ぜんぶこわい、しにたい、投げ出してゲームオーバーでクソゲーだからって文句つけて売ってしまいたい。期待は馬鹿がすること、いつまでも夢をみていたい長い長い夢のなかでふわふわただ漂っていたい

わたしはわたしになりたい、じぶんがだいすきな自分になりたいそんなわたしを愛してほしい許されたい諦めるのも馬鹿がすること、私はあきらめない笑われてもいい、今日はダメでも明日ダメでもツインテールができるようになった頃にはなにか大きく変わるだろう。希望を持つのは偉大なこと、期待するのは滑稽なこと。この顔も、この身体も、投げ捨てて、かわいいねって鏡を見たい、そしたらちゃんと人と目に合わせて話したい、そしたら歌ってみたり、叫んでみたりしたい靖子ちゃんにあいたい、自分が造ったもので、創った世界を背負った姿で、喜んでもらいたい静かに暮らしたい合うリズムの生活をしたい

真実も嘘も全部無いよほんとだよだから誰のパクリでもそんなのわからないじゃないですか、どっちが先だとかホンモノだとかそんなの、証明しようもなくてする必要もそもそも無いよ、平和的解決したからとてジゴクはどこらに存在してて誰かがそれを食べてる、パクったとかどうでもいいパクってもニセモノでもホンモノでも何でも良くて、もっと単純にただぜったいこれだって思ったら信じて頑張るしかないなってことだよ、それがどんどん本当になっていくと信じてるよだからあきらめないダメダメだけど。きっと出来るじゃなくてそんなの思えない、わたしは負けない殺されない生きる弾丸をバンバン撃って撃って撃って撃って撃って撃って撃って撃って撃って撃ってとにかく進んでいく、脚がちぎれてもいいし、腕が無くなっても受け止めるよ、声とこの目と、顔と、味と、耳があるならどこにでもいつでも死ぬまで希望をみつけられる。私はすごいそこだけはすごい。撃って撃って撃ちまくる、大事なものはポッケに詰め込んで、とにかくやり過ごす。身を潜めるぎりぎりに滑り込む、もしかしたら誰かの希望もなれるかもしれないってことを信じて、

下書きにはなるべく可哀想だからいれたくないのだけれど、君にはみられたくないなあ、