なみだあつめて。

キラキラ壊れるつくる描く

ヨ診捨てて

死にたいの代わりに結婚したいって言いまくって叫ぶわたし。ほんとにほんとに死にたくはないし、かといって、結婚できなくてもいいし、でも、ね、死にたいっていうのが悪なら、結婚したいならいいだろ!?みたいな逆ギレによって結婚したい結婚したいを連叫。まじ気持ち悪いねでもさ、結婚したい結婚したい結婚したい結婚したい結婚したい結婚したい結婚したい結婚したい結婚したい結婚したい結婚したい結婚したい結婚したい結婚したい結婚したい!!!!!!!!!!!!(にげたい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!)

 

私の根本的な不安を医者は分かってくれなかったしかし人間だからそういう人間もいるだろうから仕方ない運が悪かったただしこれだけは言えるあいつが悪い

こんなことどうしようもないこと言ってどうするんだってなるけど男に生まれた時点で女の物理的苦痛を理解出来るはずがないのだ。ならそれは埋めるしかないわかろうとするしかない。私だって男の子の苦しみは一生理解できない無理。だけどわかろうと歩み寄る、わからないから無視言うことだけ聞いていろそれでいて治療無理だったらダメでしたなんてふざけるな、私の身体なんだ私の弱くてすぐ病気になるほんとポンコツでダメで弱っちい身体。それでも一生懸命生きてるんだ。生きてくれているんだ私の意志とは裏腹にでも常に生きてくれているこの身体に対してのそのぞんざいな扱いふざけるな。お前を一生私は許さないそしてもう絶対に会うこともない。わたしからさようなら、バイバイ生まれ変わっても関わらないでね忘れるね

 

結婚したい生活がしたいたのしいことがしたいひとりでずっとこどもみたいに

そんなこと、ゆるされるだろうか

そんなこと、君と