なみだあつめて。

キラキラ壊れるつくる描く

あんたって幸せだよ

「〇〇は幸せだよ」

この言葉聞くと心がもやっとする。

幸せか不幸せかは私が決めることで、感じることで、

人から言われて思うことじゃない

私はずっと幸せで、ずっと苦しくてずっと戦ってきた

だからといって、苦しい時も幸せで。

毎日ってそういうものだと思っているし、毎日はつくるものだ

つくって、丁寧に、意識して、美しく、

そんなのが毎日で、それが幸せだと思う。

 

どこかに行ったからとか、誰かと結婚したからとか、顔がいいとか悪いとか、

太ってるからとか、痩せてるからとか、お金があるからとか、

フォロワー数が多いからとか、

そんなのが幸せではなくて、毎日の延長線上に地獄も夢みたいなこともうれしいことも死にたい夜も在って、全部毎日の積み重ねで、毎日の命の使い方で、毎日、日々の上に成り立つ出来事だから、

だから悲しい

死にたいほど、悲しい

だから、私は美しい

誰が、なんて言おうと幸せで、

幸せに感じなきゃいけない、感謝しなきゃいけない呪いなんか

そんな呪いなんか

私にはかからない

 

魔法が使える人間は、きっといる

そんな毎日の積み重ねで生きてる人だ

私はずっともっとわたしになりたい

 

痩せても、太ってても、美しい人になりたい女とか、男とか、じゃなくて、いいねされる顔じゃなくて、わがままで、もっとわがままに私はわたしだ。

幸せは呪いだ幸せは漂う空気だ幸せを吸い込んで、幸せは洗脳するものだ

自分で自分を洗脳する、

 

わたしはかわいい。